FC2ブログ
コザクラインコのきみちゃんと暮らす、しがないイラストレーターの怠惰な日常。
    
涙が止まらんのです   
『はやぶさラストショット』

『「はやぶさ」大気圏突入前、地球撮影に挑戦』
『「はやぶさ」最後の力で撮った故郷』






物に感情移入するのって日本人の特性なのかな。
付喪神とかあるし。
愛情込めると物にも命が宿るみたいな。
八百万の神々がおわす国だもんね。


このコピペ、帰還後に改めて読んだらもう・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
丁度雨降ってるし・・・。


652 名前: 名無しさん@十周年 投稿日: 2010/06/13(日) 11:44:38.59 ID:Ta8ri7i/0
なんともセンチメンタルな奴が多いな。
帰ってきた「工学実験探査機はやぶさ」ってのは、ただの壊れかけた機械だろ。

具体的な事象を示せば、
帰ってきた「はやぶさ」は、再突入回廊ではなく、より深い降下角度で大気圏に再突入する。
帰ってきた「はやぶさ」は、断熱圧縮による空力加熱で、真っ赤な軌跡を描く紅蓮の火の玉となり、轟音とともにダイオードひとつ残さず燃え尽きる。
燃え尽きた「はやぶさ」は、ゆっくりと成層圏に拡散する。
燃え尽きた「はやぶさ」は、高度13kmでジェット気流に乗り、天空を駆け廻る。
空を廻った「はやぶさ」は、高度6kmで乱層雲と出会う。
空を廻った「はやぶさ」は、昇華核として飽和水蒸気を集め、氷晶となり雪片となる。
雪になった「はやぶさ」は、ひらはらひらりと舞い降りる。
雪になった「はやぶさ」は、途中で融けて雨になる。
だから。

ある朝玄関を出たお前の肩先に落ちる一滴の雨粒、それが「はやぶさ」だ。



スポンサーサイト



              
コメント

NASAのチームも頑張ってくれましたねー。ありがたいことです。
http://www.youtube.com/watch?v=eMNJ18pWKW4

最後に撮った写真を見て泣き、2つのRe-entry の動画を見て泣き
関係者からのメッセージを読んで泣き、雨にあたって泣き…

ちいさくても大きな大きなはやぶさですね。
---------- pin [ 編集]* URL * 06/14, 09:28 -----

> pinさん
たった500kgの小さな体で頑張りましたよね。
すばらしい映像を記録してくれたNASAには感謝です。
http://www.youtube.com/watch?v=gfYA4f-AIL0
これなんかはやぶさが火の鳥の様です。

カプセルも無傷で確認されて数日中に日本に戻ってきますね。
日本に帰るまでがお使いです。
はやぶさの功績がもっと多くの人に知られればいいのに・・・。
---------- さぼてん [ 編集]* URL * 06/14, 19:08 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://kimipage.blog56.fc2.com/tb.php/944-be5c090d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)