FC2ブログ
コザクラインコのきみちゃんと暮らす、しがないイラストレーターの怠惰な日常。
    
心配   
東京の浄水場から放射性ヨウ素検出ってことで、乳児に水道水を飲ませるのは控えた方がいいそうです。
私はおばさんなのでそのまま飲んじゃいますが、きみちゃんに与えていいものか悩みます。
小さい生き物にはダメージありそうですよね。
でも、今から水買いに行ってもどうせ売り切れだよね(´・ω・`)

こちらhttp://twitter.com/team_nakagawaで専門の先生が解説されてます。
ヨウ素は沸騰させると幾分取り除けるとか。 ←間違いです
学者の説明なので専門的すぎて素人にはわからない部分もありますが、質問すれば答えてくれるみたいです。


【追記】

現場でがんばっている作業員、警察、消防、自衛隊のみなさん、本当にありがとう。゚(゚´Д`゚)゚。

池上さんの番組に出ていた松本先生の「ほんとうに怖い放射線」と「本当は怖くない放射線」のお話が分かりやすかったですし、なんかちょっと感動しました。
基準を上回る数値が出て不安になりましたし、何度も繰り返される「直ちに健康に影響を及ぼさない」という言葉に疑念を持っている人もいると思います。
今は大丈夫だけど、後から何かあるかも知れないんでしょ?と。
それは意味が違って、「今の状態のものを1年間継続して摂取したときに何らかの影響が出る可能性がある数値」ということで、だから1週間や2週間様子を見ていても影響は出ないそうです。
みなさん冷静になって、水に限らずですが買い占めはやめましょう。

あと、某所で拾った転載ですが。

なぜ乳児がダメで大人は平気なのか物理学科卒の私が解説します。
放射線は細胞内のDNAを傷つけますが、少しくらいなら簡単に修復できます。
でも細胞分裂が活発な状態では少しの放射線でもトラブルが起こる確率が高くなり、
乳児は大人よりも活発に細胞分裂して成長しているので影響が大きいのです。


なるほど。


【追追記】

私の子供の頃のお話ですが、お隣りの国が砂漠で核実験をドッカンドッカンやっておりました。
地下施設とかじゃなく丸裸の大気中で。
そこで出た放射性の塵が風に乗って日本まで飛んできて、雨に混じって地上へ降り注ぎ、当時は雨に濡れると禿げると言われていたもんです。
でも今、禿げてないですし。

予断は許しませんが、過剰に怯えるあまり正常な判断をなくすのも困ります。
正確な情報を迅速にお願いしたいところですが、今の政府も東電も保安院も容量オーバーなのかグッダグダで、マスコミの煽りも相まって混乱しているのが実情でしょうか。
スポンサーサイト



              
コメント

私も昨日「たま」の為に飲料水の列に並んでしまいました!
お一人様1L2個まででしたが、1つだけ。

今朝、「熱帯魚の水は大丈夫か」という質問に
大丈夫と答えていたが。。どうなのだろう。

あと小倉さんが、「チェルノブイリの時は雨は気にしていたが
飲み水に関しては何も言わなかったからみんな飲んでた」と。
確かにそうだ!雨にあたらないように怯えてたのに
水はごくごく飲んでた。
赤ちゃんも飲んでただろうな~。
それ考えるとちょっと安心してしまいました。。
---------- しみっこ [ 編集]* URL * 03/24, 12:33 -----

>しみっこさん
守るべき弱いもの、という意味では人間の子供も一緒に暮らしているペットも一緒ですよね。
私も正直、自分はどうでもいいからきみちゃんには少しでも安全な飲み水を与えたいですもの。
手に入ったのですから大事にたまちゃんのために使ってください。

チェルノの時は風向きで北欧が被害にあったんですよね。
たしかあの時もヨーロッパ産の食べ物が輸入制限になったり不買になったりしました。
今、福島の野菜や牛乳が出荷制限になってますが、きちんと検査して安全なものは売ってもいいと思います。
風評被害で日本の農業が打撃を受けなければいいのですが。
---------- さぼてん [ 編集]* URL * 03/24, 16:37 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://kimipage.blog56.fc2.com/tb.php/1009-92075c4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)